前廻し蹴り

試合においてもっとも多用される足技である。蹴りの準備姿勢から後ろ足の膝を曲げながら体の正面に上げる。膝と膝がすれ違うような感じで膝を上げる。初心者がこの蹴りを習得する際には蹴る時よりも蹴った足を引っ張って戻す事に気をつける(蹴る足のふくらはぎに卵を置いていると想定しその卵を足を戻す力で割れるような感覚)。

前に戻る

ホームへ

info@j-taekwondo.com

copyright(C)
j-taekwondo