後ろ蹴り

蹴りの準備姿勢から蹴る時、体を少し縮めた状態から膝を完全に曲げ、(イメージとしては大きな樽を横にしてそれを貫通するような感じ)で真直ぐに長く蹴る。この時体は上を向くのではなく地面を向く。後ろ蹴りは体の回転力を直線力に変える事によってパワーを増す。最近の試合ではジャンプ後ろ蹴りをカウンター技として使用している選手が多い。


前に戻る
ホームへ

info@j-taekwondo.com

copyright(C)
j-taekwondo