後ろ廻し蹴り

この蹴りは最大限水平に長く蹴る事がポイントである。蹴り準備姿勢から膝を前面約45度の方に曲げながら蹴る。この蹴りをする時、初心者が一番誤解し易いのは回転だけに気をつける事だ。ターン蹴りでも説明したのですが、回転運動だけでは絶対にパワーが出ない!もちろん飛距離も短い!回転しながら一瞬直線的に変える事が大切。

前に戻る
ホームへ

info@j-taekwondo.com

copyright(C)
j-taekwondo